FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

吸血鬼は斯く語りき、

三ツ星の撤収が終わった後のトレステラ。
そろそろ蜩の鳴き声も聞こえるでしょうか。




────── ……
──── ……
── ……




さて、ここらで漸く脚本が追いついたかね。
まァ、この脚本にも転回点が必要だったということか。
そろそろ養分を補給し──


「……ブラムハルト。いるかしら」


ン、アリスかね。如何した?
嗚呼、長らく書斎を借りているのは申し訳ない。
漸く一段落着いたからね、そろそろ返却はできると思うよ。


「それは重畳。……その春先の子達はまだ存在してるの?」


ウム、そうだね、先日嬉々として私に会いに来たよ。
最近はどうにも暑いらしい、もうすぐ海へ行くと
はしゃいでいたようだね。水着を選ぶときの悶着や
普段の生活を一方的に喋って帰っていったかな。


「……女の子ねぇ」


君ほどではないさアリス。
だがまァ、世界を無視してまで脚本を書き換えた
労力だけの見返りにはなるだろうかね。
100年も前には味わえぬ、快楽の味だよ。


「それならいいのでしょうね。貴方の中では。
 ……私は心中察するわ。結局あの子、未だ
 彼女の取り合いをしているのでしょう?」


ハ、面白い。あれは余興も余興、
そういう意味では結局彼女も暫くは独りだろうよ。
まァ、それでこの世界の存在証明ができるなら
彼には非常に申し訳ないが打ち合ってもらおうかね。


「それで好敵手の家に住み込んでるのだからね……。
 行動力は高いんじゃないかしら」


彼女に『この本』は最早必要なかろうよ。
件の直訴からすぐに返却をしに来たよ、
私はこの街で生きていくと。歴史を紡ぐと。
良いのではないかね? 一夫多妻も一妻多夫も、
この世界では未定義の代物だ。


「彼女は夫妻のどちらかしらね……。
 私では叶えられなかったから、
 個人的にはぜひとも略奪して欲しいわ」


おやおや、怖いものだ。私は男性として、
彼のほうに確保していて欲しいものだがね?


「それもまた先々お話されるんでしょうね。
 ……とりあえず、私は少し散歩をしてくるわ。
 貴方と違って日差しは苦にならない。
 今度は私もキョウカの話を聞きたいわ。
 ちゃんと呼びなさいよ」


近くにいれば呼ぶさ。まァ、気をつけて行きたまえ。


……。
やれやれ、嫉妬は困るものだね。彼にも同情するよ。
ともあれ──、


『転回点が訪れ、消え行く彼女に光が差した。
 これから世界が、友人が、彼女を認めるだろう。
 いずれ彼女にとって不要となる以前の物語が
 風に乗って消え行くその日まで。
 私はこの世界で書き続けるよう努めようか。』


-------------------------


ソロルで〆るかーと思ったらまさかの参加に
ちょっと泣きそうになりましt(
ホントに皆ありがとおおおおおおおおお!
ちなみにアリスさんも女色勢です。ひどいな。
そんな感じでひとつ!
スポンサーサイト
[ 2013/03/31 ] PBW - 三ツ星 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/03/31 20:42 ] [ 編集 ]

>もにょもにょさん

はいはーい、わざわざありがとうでした!
確認しておきますねっ。
[ 2013/04/01 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lovekiss100.blog14.fc2.com/tb.php/92-153d67ca









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。